採用の決め手は?

やる気があるかどうか

バイトの面接では必ず志望理由を聞かれます。働く理由はほとんどお金を得る為ですが、それを正直に伝えても面接官の心には響きません。もし「お金が欲しいから」という理由を正直に言ったら、他の場所で働けば良いのではないかと言われる可能性があります。働く以上は、その場所で働きたいという明確な理由と熱意を伝えることができなければ採用は難しいです。
やる気がない人間が働いているとそのお店全体の評判に関わってきますし、一緒に働く人の士気も下がります。やる気がなければ仕事を積極的にできないですし、物覚えも悪くなる可能性があります。逆に、やる気があれば仕事に対して積極的になれるので、スムーズに溶け込むことができます。

家との距離が近いことも大事

バイトにおいては、バイト先と家の距離が近いことも大切です。距離が近いと支払う交通費が少なくなるので雇い主としては助かります。それだけでなく、通いやすいので簡単に辞められる可能性も低いです。バイトに時間をかけて通っていると、結局面倒になってしまい早期に辞める人が多いのです。入っては辞めるというのを繰り返していると、そのお店の体制に問題があるのではないかと思われてしまいますし、人材が育ちません。
そして、急に病気などで欠勤者が出た場合はすぐに代役として呼ぶことができるので喜ばれます。また、大雨や大雪などの時も比較的簡単にバイト先へ向かうことができるので欠勤の心配がほとんどありません。このように距離の近さは双方にとってメリットが大きいのです。