履歴書、面接でどうしても押さえたいポイント

魅力が伝わる内容を意識する

バイトは他の雇用形態と比較して採用されやすい特徴があります。そのため、初めて働く場合やブランクがある場合には魅力的な選択肢と言えます。
しかし、求人に応募すれば必ず採用されるわけではないため、最善の準備をすることで採用される確率をさらに高められます。バイトに応募する時に必ず作成することになる物として履歴書があります。履歴書を作成する時のポイントは、自身の魅力が伝わる内容を意識することです。
これは、すぐに始められる短期のバイト、シフトに入る形で勤務する長期のバイトのどちらでも当てはまることです。自身の魅力を伝えるために使用する部分は履歴書内の志望動機や特技の欄です。どちらも内容を充実させることで評価アップを狙えます。

適切な受け答えを実践する

バイトの面接を受ける前に理解しておきたいポイントは、質問に対して適切な受け答えを実践することです。バイトの面接なので志望動機の質問を受けない場合はありますが、質問される可能性もあるため、履歴書に記載した内容を話す形で伝える必要があります。
また、志望動機以外に家族構成や普段の生活についても質問を受ける状況が考えられます。応募者が緊張している様子であれば、何気ない質問で緊張をほぐすことはあります。しかし、何気ない質問だからといって気を抜くのではなく、適切に受け答えする姿勢が大切です。
また、受け答えする際は面接官に聞こえる声の大きさや高さを意識することをお勧めします。面接の場で適切な受け答えができていれば、それだけ採用に向けてプラス評価を得られます。