働くにあたって心がけたいこと

先輩の仕事を見て真似る

何でもかんでも質問するだけではなく、先輩の行っている仕事を見て、それをまねてみることも大事です。
質問をしてくれる後輩は意欲的に見えて素敵ではありますが、何もわからない状態の人に口頭で伝えるというのには割と限界があります。
一度先輩と同じ仕事を試してみて、そこでわからない点があれば質問してみるといいでしょう。
また、真似してみた結果、不具合があった場合は先輩の方から何がどう違うのか、指導してくれると思います。やってみて、フィードバックを受けて理解する、この一連の流れでより一層仕事への理解を深めることができると思います。
ただ指示を待つ新人よりも、自ら動いてくれる新人の方が先輩も教え甲斐があるというものです。

自分で仕事を見つける力

手持無沙汰で、ボケーとしている時間にも、企業はあなたにお金を払ってくれているのです。
そう考えると何も行動しないのは申し訳ない気持ちになりますよね。何かしら仕事を探して、働こうという気持ちになりませんか?
仕事がなければ、「こうしたらもっとお客様に喜んでもらえるのではないか?」「こうしたらわかりやすいのではないだろうか?」と思うことを実践する、または先輩方に提案してみるといいでしょう。自分一人では考えつかなかったアイディアなどを取り入れてより良いアイディアが生まれるかもしれません。
ただ、「何かやることありますか!?」と丸投げで質問をするよりも「こうした方がいいと思うんですけど、どうですか?」と質問するだけで、周りの受ける印象は違うでしょうし、先輩方からの答えも、より為になるものになって返ってくると思いますよ。